作品を作ってみよう!

作品を作ってみよう

はじめに

簡単ではありますが、レザークラフトの作品を作るのに必要な作業の一連の流れをまとめてみました

これからレザークラフトを始めようか悩んでいる、自分にできるのか判らないという方に向けておおざっぱではありますが主な流れを記しています

作品を作るのに必要な技術や道具、手順があります

なかには順番を入れ替えても問題ない場合もあります

例えば実はコバ磨きは手縫いの前でも後でも良いなどです(条件付きですが)

ここでは簡単にまとめておきます

作品作りの手順

型紙を作る

まずは 型紙 を用意します

革を切る(荒裁ち)

革を 荒裁ち をします

染める

革を染める場合は 手染め をします

トコを磨く

作品によって トコ を磨きます

革を切る(本裁ち)

革を 本裁ち します

菱目打ちで穴を開ける

菱目打ち菱ギリ を使って糸を通す穴を開けていきます

手縫をする

糸で 手縫い をします

コバを磨く

ヘリ落とし で角を整えます

革を染めた場合は コバ を同じ色か濃い色で コバ を染めます

次に コバ磨き をして綺麗にしていきます

染め止めをする(染めた場合)

革を染めた場合、 染め止め をします

水溶性のアクリルを塗布することで革の繊維をコーティングします

染め止めをしないと 色移り をしやすい状態なので、革を染めるなら 染め止め は必要です

ここまでが作品の製作となります

メンテナンス

メンテナンスには ニートフットオイルミンクオイル どちらかを使用すると良いそうです

エイジングを促進したいときは ニートフットオイル を使用し、日光浴するとエイジングがはかどります

ニートフットオイルを添加する

エイジング を促進したい場合やメンテナンス時に使用すると良いです

ミンクオイルを塗布する

メンテナンスに ミンクオイル も使用します

コメント

タイトルとURLをコピーしました