床面を磨く

作品を作ってみよう
トコフィニッシュ乾燥後

はじめに

レザークラフトで言う「」というのは革の裏側のことで、「トコ」と読みます

さらにレザークラフトで言う「床磨き」はザラザラした革の裏側をツルツルにすることです

レザークラフトでは床を磨くと見た目が良くなるのでトコを磨く事もありますが、床がザラザラと毛羽立っていても問題ないと思えば必要ない作業です

例えば、革を重ね合わせて銀面しか見えない場合はトコ磨きは必要はありません

床がむき出しの作品の場合は見た目を良くしたい時にトコ磨きを行います

トコ磨き

トコ磨きに使用するのは トコフィニッシュトコノール 、 CMC この3つのどれかと、あとは磨く道具として ガラス板 を使用して磨きます

トコフィニッシュトコノール、CMCの使い方は簡単で指に付けて床面に塗り広げます

床面に塗ったら乾く前にガラス板で擦ることで磨きます

トコフィニッシュはトコノールに比べてベタベタしていないので手早く塗り広げます

トコフィニッシュトコノール、CMCはどれも大きく変わりませんが、トコノールはトコフィニッシュよりワックス成分が多い気がします

慣れないうちは色も白く塗った個所が判るトコノールがおすすめです

ハケで染めた革でトコ磨きをしてみる

こちらで染めた革を使用します

トコ処理前の革

B級の安い革なので がずいぶん荒れています

トコ処理前の革を横から見た様子

横から見るとこんな感じです

かなり毛羽立ってます

トコフィニッシュを床に塗る

今回トコ磨きには トコフィニッシュ を使用します

指で トコフィニッシュ を塗ります

ガラス板でトコを磨く

ガラス板をトコに擦りつけて磨いていきます

ある程度力を入れてガラス板を擦りますが、数回磨けば力加減もわかってくると思います

トコを磨いた後
トコを磨いた後の拡大

トコ磨きをしてみましたが、あまり変わっていません

が荒れすぎているとダメなようです

トコフィニッシュ乾燥後

トコフィニッシュ が乾燥した状態です

あまり荒れていない部分は磨けています

グラデーションに染めた革でトコ磨きをしてみる

こちらで染めた革を使用します

トコ処理前
トコ処理前の拡大
トコ処理前の拡大

床磨き前の状態です

このようにトコが毛羽立っています

トコ処理にトコフィニッシュを塗る

先ほどと同じ要領でトコフィニッシュを指で塗っていきます

ガラス板でトコを磨く

ガラス板でトコを擦って磨きます

今回はそんなに荒れていないので、力を入れなくてもすぐに艶が出てきます

トコを磨いた後
トコ処理後の拡大

毛羽立った部分が抑えられて艶が出ています

トコフィニッシュ乾燥後

トコフィニッシュが乾燥した後です

床が荒れていない革で床磨き

トコが荒れていない革で磨く

幅が広い革を使用しますので判りやすくなると思いますが、やることは同じです

トコが荒れていない、よくある革を使用してトコ磨きをします

荒れていない革にトコフィニッシュを指で塗ります

まずはトコフィニッシュを指で塗ります

荒れていない革を磨く

ガラス板でトコを磨いていきます

荒れていない革で磨いた後

毛羽立ちが抑えられて綺麗に磨けました

トコフィニッシュ乾燥後

トコフィニッシュが乾燥した後です

磨く時のガラス板の力加減かもしれませんが、少し硬くなっています

もし 銀面 に付いてしまったら

銀面にトコフィニッシュが付いた

もし 銀面トコフィニッシュトコノール がついてしまったら、すぐに拭き取りましょう

画像のように革に染みてしまった後で拭き取ると

銀面にトコフィニッシュが付いたらシミになる
銀面にトコフィニッシュが付いたらシミになる

このようなシミになってしまいます

気が付いたらすぐに拭き取るようにしましょう

一度シミになったら染みを取ることは無理っぽいので、トコノールやトコフィニッシュが銀面に付かないように注意するしかありません

いくつかの革を使って組み合わせる作品を作る時は銀面にトコノールやトコフィニッシュが付きやすくなるので注意が必要です

ちなみに、普通は銀面にトコノールやトコフィニッシュを塗って磨くことはありません

まとめ

が元々荒れすぎている部分は磨いても綺麗にならないようです

綺麗にトコを磨けるかどうかは革の質や部位によっても変わってきます

トコの状態の違い

綺麗に を磨く必要がある作品を作る場合、切り出す革の床にも注意したいですね

コメント