菱目打ちの使い方

作品を作ってみよう 菱目打ち
菱目打ちの使い方

はじめに

菱目打ち はシンプルな形状ですが種類は結構多く、刃の数、刃の間隔、刃の厚み、刃の形状など様々です

糸の太さと穴のピッチによっても見栄えが変わってきますのでお好みの 菱目打ち を見つけるのが良いと思います

また、菱目打ち で穴を開けるのに使用する道具類はこちらを参考にしてください

菱目打ちの刃の数

用意しておきたい刃の数は2本、4本は持っておきたいです

1本は菱ギリでも十分代用できます。というか同じです

6本、10本は直線で使用するときに便利ですが、本数が多いとそれだけ 木槌 で打ち付ける力が必要になりますので、打ち付ける回数、音も大きくなります

なるべく音を小さくするには刃をしっかり砥ぐか、静穏の道具を使用することをおすすめします

菱目打ちの持ち方

菱目打ちの持ち方
菱目打ちの持ち方

指を上手に使います

親指と中指で菱目打ちを革に押し付ける様にしてズレないように固定し、人差し指で菱目打ちの角度を調整。薬指と小指は広げてぶれないように安定させます

小指の根元部分(小指球と言うそうです)は革などに接触して安定させます

菱目打ちの持ち方

菱目打ち木槌 で打ち付けるときはこのように見えるようにして打ち付けます

革の真下に正確に打ち付けるには 菱目打ち が垂直でないとダメです

上の画像で説明しますと、菱目打ち の刃が複数あれば前後に菱目がずれるのはあまりありません

1本、2本の場合は真っすぐになるように注意します

私はレザークラフトを始めたころは斜め見えるように 菱目打ち を使っていましたが斜めだと革の反対側がズレやすいので 菱目打ち が真っすぐに見えるように、穴を開ける線に対して真っすぐになるようにすると垂直に打ち付けるのが容易になります

開始位置と終了位置

開始位置と終了位置

菱目打ち の一本目を革の端にすることで縫い始めと縫い終わりの時に革がバラバラにならないように縫うことができるようになります

穴の位置を均等にする方法

軽く菱目打ちを押さえて跡を付ける

菱目打ち を開ける前に軽く革に押さえつけて穴の位置を確認していきます

このように位置のズレが判る

開始位置と終了位置から軽く跡を付けていくと交わる位置で穴のズレが分かるようになります

場合によってはピッタリはまりますが、穴の位置がズレることは良くあります

そんな時は穴を開けるときに調整することで対処できます

菱目打ちの穴を開ける

端から3か所穴は開いています

3か所目に 菱目打ち の刃の1本を差し込んで位置を合わせて穴を開けるのが通常の開け方です

菱目打ちの穴の位置を少しにずらす

少し手前に 菱目打ち の穴の位置を僅かに変える

菱目打ちの穴の位置をわずかにずらす

少し奥に菱目打ちの穴の位置を僅かに変える

菱目打ち刃を当てる位置を僅かにずらすことで目印を付けた位置を変えていきます

大きく位置をずらすと手縫いをしたときに目立ちますので、少しずつずらして調整していきます

調整した菱目打ちの穴

上の画像のように最初に付けた穴の目印と穴の位置をずらしていき上手に調整します

カーブの部分を綺麗に穴を開ける

カーブの穴の開け方

このようなカーブに穴を開けることはよくあります

4本菱目ではダメです

使用する 菱目打ち は4本や6本ではうまくカーブに添わせることができません

2本菱目を使います

そのため、使用するのは2本の 菱目打ち でカーブの穴を開けていきます

このように均等になります

見た目良く綺麗なカーブに沿って穴を開けられます

両端にカーブがある部分に穴を開ける順番

ペンケースの裏側

このペンケースのように両端が外カーブの場合、左右対称に穴開けないと違和感が出て美しくありません

綺麗に見栄え良くするコツは簡単で、曲線部分を先に印をつけてから直線部分に印をつけていくと綺麗に仕上がります

コメント

タイトルとURLをコピーしました