手縫いの縫い方

作品を作ってみよう 技術系
糸の長さを同じにします

はじめに

レザークラフトで革同士を糸で縫い合わせる「手縫い」は習得しておきたい縫い方です

縫い方がバラバラだと糸が乱れたりするので手縫をするときは、糸をどのように扱うかによって見え方にも違いが出てきます

糸の種類、太さ、色、縫い方によって作品の見た目だけでなく耐久性にも違いがあります

使用する道具

手縫い をするときに使用する道具

  1. ハサミ
  2. ライター or ボンド
  3. 目打ち
  4. レーシングポニー

手縫いをするのに使用する道具となります

レーシングポニーは持っていなくても良い道具もあります

手縫い の前に 菱目打ち で糸を通す穴を開けますが、 菱目打ちの使い方については下記ページを用意していますのでご覧ください

糸の長さ

必要な糸の長さは縫いたい部分の4倍用意すると糸が足りないという事はありません

おおよそなので、縫う長さが短かったりすごく長いと必要な糸の長さは変わってきます

また、革の厚みが10mmとかの厚みになった時などはもっと長くなります

5cm程度の長さで4mm厚程度の革を縫う場合ですと40~50cm程度あれば良いです

蝋引き をしていない場合は 蝋引き をしておいてください

縫いはじめ

手縫の縫い始め

縫い始める最初の穴の次の穴に糸を通します

通常縫い始め部分は2重に糸を通すことで強度を持たせます

糸の長さを同じにします

糸を通したら糸の長さを同じ長さに合わせます

1目戻ります

一つ目の穴に戻って糸を通します

縫っていきます

2つ目の穴に進んで糸を通します

縫っていきます

あとは同じ作業を繰り返して縫っていきます

最初の部分は2重に糸を通す形になります

縫い方

糸の交差する縫い方によって見え方が変わります

手縫の糸の交差

上から見ると、糸はこのように斜めになっているのが望ましいです

菱目打ち の形に合わせて縫っていきます

糸を交差

最初に裏から糸を通し、一つ手前の糸が下に来るように親指で押さえますとこのように糸が交差します

必然的に指で押さえた糸が出ている穴に隙間ができますので、針を刺す時に糸も通してしまう事は無くなりますが、糸に糸を通さないように注意します

そして下の糸を裏に通します

交差した糸はこうなります

裏に通した糸を引っ張るとこのようになります

親指で押さえている糸は左下に引っ張られているので、表から裏に通した糸は、穴の左下に収まるようになります

判りにくいかもしれませんが、 菱目打ちで開けた菱型の穴の鋭角部分から糸が通るように意識して縫っていきます

引き締める力加減

塗っている途中の糸は引き締めないと糸がゆるゆるで、作品の耐久性に問題が出てきますので、ある程度の力で糸を引っ張って引き締めます

力加減はどれくらいなのか知りたいところですが、全て同じというわけにはいかないので、自分で「これくらい」と思う力加減となります

柔らかい革で強く引き締めると革が歪みます

硬い革で弱く引き締めると糸が緩い状態になります

結局は革の硬さによって力加減を調整するしかありません

一度引き締める力を決めたら一針一針同じ力で引き締める様に心がけます

縫い終わり

終点まで縫う

まずは終点まで手縫いをします

手縫の縫い終わりは1目戻ります

1目戻って縫います

糸に糸を通しやすい部分なので注意が必要です

手縫糸の縫い終わり

表に出ている糸をさらに1目戻って裏に通すとこのようになり、終了です

戻った糸が交差しないようにすると見た目が良いです

熱で溶ける糸の始末

手縫糸の始末は2mm位残して糸を切る

裏はこのようになっているはずです

糸の始末は、糸を2mm程度残して切ります

手縫の糸を始末

軽くライターで炙ると糸が溶けて縮んでいきますので、すぐに指で押さえると溶けた部分が潰れます

潰れると糸は解けなくなります

また、 ヒートペン を使った糸の始末をする方法もあります

コメント

タイトルとURLをコピーしました