レザークラフトで使用する接着剤

消耗品
レザークラフトで使用する接着剤

はじめに

革に接着剤を使うの?と思うかもしれませんが、接着剤は頻繁に使用します

どういう時に使うかというと、革同士を貼り付けるときに使用します

接着することで糸を通す穴を開けるときに革がずれなくなり、革同士が浮かないようになります

革がずれてしまうと糸を塗った線の見た目が悪くなり、革が浮いてしまうと同じようにコバの見た目が悪くなります

作品の仕上がりに大きく影響してくるので、接着剤は必要不可欠な消耗品です

接着剤の種類

接着剤にもいくつか種類があります

用途によって使う接着剤も変わってくるので、使い分けができるようにいくつか用意することをお勧めします

接着剤の強度

接着力の強い順に説明していきます

G17 、 Gクリヤー 、スリーダインは強力ですので、革同士をがっつり固定したいときに良いです

サイビノール もしっかりと接着できますのでレザークラフト専用の接着剤となります

木工ボンド は適度な接着力があり、ホームセンターにも販売しているので入手も容易なのでおすすめです

ゴムのり は接着力としては弱めですが、一度貼り合わせた革を再度剥がして再調整する際に丁度良いので仮止め用として良いです

おすすめは仮止め、本接着共にこなせる使い勝手が良いのはスリーダインです

接着剤の塗り方

接着剤は薄く塗るのが基本です

「こんなに薄いの?」というくらい薄く塗ります

薄く塗らないとコバ磨きの時に接着面(ボンド層)が黒い線が太くなり目立ってしまいますので、なるべく薄く塗ります

また、トコ磨きをした場合や銀面に接着剤を塗布する場合は事前に荒らしておくことでしっかりと接着するようにします

荒らす方法は簡単で、やすり、サンドペーパー、カッターの刃先で擦るだけです

接着剤を塗る時に使用する道具は私は金属製のもんじゃ焼きに使用する小さいコテをヘラとして使っています

プラスチック系のヘラだと、接着剤にトルエンが使用されているものもあるので溶剤に対して耐性があるヘラが必要になりますので、なんでも良いというわけにはいきません

ジルコヘラが良いそうなので、見かけたらそのうち手に入れてみたいと思います

接着剤の種類

G17、Gクリヤー

G17ボンド

ホームセンターや100円均一にも多く置かれているので手軽に手に入れることができます

また、キャップ式なので、必要な分だけ接着部分に塗布することができるので使い勝手も良いです

接着力も強力なので一度貼り合わせたあとで剥がそうとすると トコ が荒れる場合がありますので、張り合わせるときには注意が必要です

G17 は乾いた後も黄色っぽく、 Gクリヤー は透明です

チューブのままで薄く塗る時はコツがあります

チューブのまま塗るとムラになりやすくなりますので、均一に薄く塗りたいときはタイルなどに一度出してからヘラで掬い取って塗ると良いです

スリーダイン

スリーダイン

薄い黄色の接着剤でしっかりと接着します

使用するとき細い糸が出やすいので、ヘラを使って容器から革にスリーダインを塗布しようとする度に細い糸ができます

スリーダインを塗った後は乾かしてから接着します

仮止めをしやすく、スリーダインを塗った接着面が軽く接触した程度なら剥がしやすいです

位置が決まった後に圧着することで強力に接着します

仮止めも本接着もこなせるので扱いやすいおすすめの接着剤です

大き目の缶に入っているので、使用するときは小瓶に小分けをして使用するのがおすすめです

サイビノール

サイビノール

サイビノール は100と600の2種類あります。違いは粘度と接着強度ですが、100で十分かと思います

色は白色ですが、乾くと透明になります

乾く前に貼り合わせます

木工ボンド

木工ボンド

よく見かける 木工ボンド です

容器も様々なので使い勝手が良さそうなものを選ぶと良いと思います

色は白色ですが、乾くと透明になります

ゴムのり

ゴムのり

ゴムのり は単体で使用するより溶剤と混ぜて好みの粘度にしてから使用するのが良さそうです

色は黄色っぽいですが、乾くと透明になります

接着力は弱いので、仮止め用としてよく使用しています

缶のまま使用するのではなく、小瓶に小分けして使用するのが良いです

接着剤用溶剤

接着剤用溶剤

接着剤用溶剤は接着剤ではありませんが、ゴムのり と混ぜることで ゴムのり の粘度を調整します

ゴムのり用の容器

粘度の調整方法はガラス瓶などに ゴムのり を小分けしてから接着剤用溶剤を好みの粘度になるように少しづつ加えていくのが良いかと思います

接着剤を革に塗布するのは ヘラ を使いますので、適度な大きさの瓶が良いと思います

缶から綺麗に小分けする方法

ゴムのり を小瓶に移すとき、そのまま入れようとすると缶の縁に ゴムのり が付着し、缶の側面に垂れたりと大変なことになりますので、こちらの方法をおすすめします

ゴムのりを小分けする方法

これはガムテープですが、無ければセロハンテープでもマスキングテープでも良いです

缶の蓋がはまっていた縁の部分はきちんと貼り付けないと意味が無いのでご注意ください

ゴムのりを必要なだけ小分けした様子

ゴムのりやスリーダインは粘度が低く、ベタ~っとしていますので、瓶に入れる量は調整しやすいです

テープ部分についた接着剤は ヘラ を使用してさっさと瓶に入れます

入れた後のテープはゴミ箱に直行すると手も汚れません

ゴムのりを小分けした後の缶の縁

接着剤を移し、テープを取った後は作業前と変わらない状態なので、綺麗に使い続けることができます

おすすめの接着剤はスリーダイン

おすすめの接着剤は仮止めがしやすく、しっかり接着もする スリーダイン です

レザークラフトを始めた当初でしたら入手のしやすさから G17 、 Gクリヤー や 木工ボンド で十分と思います

わりと本格的にやりたいと思うようになったら スリーダイン か サイビノールゴムのり も持っておいた方が良いと思います

用途によって適切な接着剤がありますので、使い分ける事ができる様に2種類は持っておくのがおすすめです

コメント