必要な道具

レザークラフトでは必須ともいえる道具の一覧

「これがないと作品が作れない」「綺麗に作れない」という道具の一覧

道具

レザークラフトで使用するカッター

カッターは革を切るだけでなく型紙を切るのにも使いますので持っておきたいです。効率的な作業をしたいなら必須の道具です
道具

レザークラフトで使用する木槌

はじめに 革の作品を作る時に道具を打ち付ける作業は結構たくさんありますので、そんなときに使用する道具は木槌(ハンマー)を使用します 菱目打ちを木槌で打ち付けて穴を開ける 穴あけポンチを木槌で打ち付けて穴を開ける ...
穴あけポンチ

レザークラフトで使用する穴あけポンチ

穴あけポンチとは 革に穴開ける道具 丸革を通すための穴や、デザインとしての穴、 ボタン や カシメ などを取り付ける際に使用します 下敷きに カッターマット などを敷いて 木槌 で叩いて穴を開けます 穴を開...
消耗品

レザークラフトで使用するやすり

はじめに レザークラフトでやすりはどのように使うのかイメージが付かないかもしれません ですが、やすりは綺麗に作品を作るうえでは必ず必要になるものです やすりとは レザークラフトでは コバ や トコ を荒らし...
消耗品

レザークラフトで使用する糸用の蝋の付け方

糸が蝋引きされていれば必要ありませんが、ただの糸でしたら蝋引きして使用しますので、蝋は必要です。蝋付けすることで糸が緩みにくくなる、耐久性が上がるなどいろいろな効果があります
ハサミ

レザークラフトで使うハサミ

ハサミとは レザークラフトでは 型紙 を切る、糸を切る、革を切るという用途で使用します PCで 型紙 を印刷し、型を切る時に使用しますが、もっともよく使うのは糸を切る時です 皮切りバサミというのもありますが、まだ...
目打ち

レザークラフトで使用する目打ち

目打ちは千枚通しや丸キリとも呼ばれる道具で革に型紙の型を写したり、糸を解く、革に穴を開ける、革に開けた穴を広げるなど、使用すると良くわかる使い勝手が非常に良い道具

レザークラフトで使用する手縫い用針

レザークラフトで使用する手縫い用針は先が丸いので手縫いがしやすいです
ヘリ落とし

レザークラフトで使うヘリ落とし

ヘリ落としはコバ(革の切断面)の角を滑らかにする道具で、角ばったコバではなく丸みのある柔らかい印象にする道具です。砥ぐ方法は少し特殊なので砥ぎ方も簡単に説明しています
ウッドスリッカー

レザークラフトで使用するウッドスリッカー

ウッドスリッカーは黒檀という木製でコバを磨く道具。水やトコノール、トコフィニッシュなどを塗った部分に擦りつけることで艶を出します。平面にしたり曲面にしたいときに使用します
革砥

レザークラフトで使用する革砥

はじめに 聞き馴染みが無いかもしれませんが、「革砥」(かわと)は刃物を研ぐ道具です レザークラフトではいろいろな種類の刃物を使用しますので刃物を研ぐものは必要です 砥石の他にも革砥も仕上げ用として使用します ...
ゴム板

レザークラフトで使用するゴム板、ビニール板

ゴム板やビニール板は革包丁で革を切る時に刃先を痛めないために下敷きにする板です。硬さによって「切りやすい」「切りにくい」などあります。特に曲線に切る場合は自分に合うものが欲しいです
カッターマット

レザークラフトで使用するカッターマット

カッターマットは革包丁やカッターで型紙や革を切る時に机が傷付かないようにするために下敷きにする板。穴あけポンチや菱目打ちを使用するときにも下敷きにしますし、革を染めるときなど机を汚さないようにするためにも使用する便利な道具です
定規

レザークラフトで使用する定規

定規は型紙や革を直線に切り出す時に使用します。プラスチック製より金属製なら削れないのでおすすめで、L型の差し金と組み合わせると正確な四角形も切り出せるので便利です
菱目打ち

レザークラフトで使用する菱目打ち

革に手縫いをするための穴を開ける道具は菱目打ち、木槌、ステッチンググルーバー、カッターマットを使います。刃のピッチは3mm、4mm、5mm、6mmや刃の数が1本、2本、4本、6本と様々あります
革包丁

レザークラフトで使用する革包丁

革包丁が無いと始まりません。「革を切る」ことに特化していますので持っておきたい道具です。革包丁を使いこなせるようになると職人っぽくなりますよ!
タイトルとURLをコピーしました