革の平縫いの縫い方

レザークラフトの基本
2つ目の穴に通す


革の縫い方の平縫い

レザークラフトで革同士を糸で縫い合わせる「手縫い」は習得しておきたい縫い方です。

縫い方もいろいろありますが、もっともよく使われる縫い方に「平縫い」という縫い方があります。

このページでは平縫いの縫い方について説明しいます。


手縫いに関連する縫い方について説明した記事も併せて読んでみてください。


まずは糸と針を取り付ける

まずは糸と手縫い針を取り付けます。

取り付け方についてはこちらをご覧ください。


\ 作った革製品を初期費用・月額利用料0円のBASEで販売 /

縫い始める

縫い始めの仕方についてはこちらをご覧ください。


縫い方

糸の交差する縫い方によって見え方が変わります。

手縫の糸の交差

上から見ると、糸はこのように斜めになっているのが望ましいです。

糸が乱れると見栄えが悪くなりますので、常に同じ手順で縫うことが大切です。

まずは菱目打ちの形に合わせて縫っていきます。


糸を交差

最初に裏から糸を通し、一つ手前の糸が下に来るように親指で押さえますとこのように糸が交差します。

必然的に指で押さえた糸が出ている穴に隙間ができます。

こうすることで針を刺す時に糸も通してしまう事は無くなりますが、糸に糸を通さないように注意します。

そして下の糸を裏に通します。


交差した糸はこうなります

裏に通した糸を引っ張るとこのようになります。

親指で押さえている糸は左下に引っ張られているので、表から裏に通した糸は穴の左下に収まるようになります。

判りにくいかもしれませんが、 菱目打ちで開けた菱型の穴の鋭角部分から糸が通るように意識して縫っていきます


コメント