革を染めた時にできる謎のシミ

技術系
鉄ジミ

ヌメ革を明るい色に染めた時に上の画像のような黒い点々が付くことがあります

これは何かというと「鉄染み」(テツシミ)という化学反応だそうです

タンニン鞣しをしたヌメ革は、タンニンが鉄に反応して紺色に色が変わるそうです

染めるときに使用する水に鉄分が含まれ、それが反応しているようです

井戸水は鉄分が入っていそうなので井戸水は注意が必要かもしれません

昔お世話になっていた店舗がそうでしたが、地下水をくみ上げて鉄製のタンクに貯蔵して使用するタイプだったので、鉄分たっぷりとなる環境も同様かと思います

あえて鉄で染める方法もあるそうです

鉄染みの対処方法

鉄染みを消す方法はあり、クエン酸を加えることで消えるそうです

鉄ジミを作り出す

ということで簡単に実験してみました

タンニン鞣しのヌメ革に革包丁を砥いだ時に出る砥ぐそを塗りつけて、少し放置しますと紺色に変色します

変色した後は水洗いをして砥ぐそを洗い流して乾かします

クエン酸

今回使用したクエン酸です

クエン酸はスーパーに300円程度で売っていました

クエン酸を少し取って水に溶かしたものを変色した部分に塗ります

クエン酸の濃度は計っていませんが、舐めてみて「レモン味だ」と判る程度にしました

クエン酸で中和

綿棒にクエン酸を染み込ませてから鉄染みの部分を3回ほど丸くなぞってみました

1分あれば鉄染みの色が変わっていくので見ているとちょっと楽しいです

鉄ジミの境界

鉄染みの部分とクエン酸を塗った部分の境界を拡大した画像です

思ったよりもはっきりとした境界でした

鉄ジミにクエン酸を塗る前
鉄ジミにクエン酸を塗った後

同じ位置で拡大撮影してみました

コバの黒い点は鉄染みではなくて毛っぽいです

色止めをした後では鉄染みを消すことはできませんでした

色止めが繊維をコーティングしてしますのでクエン酸が染み込まないためと思います

鉄染みが見つかった時は色止め前にクエン酸で消してから色止めをするのが良いようです

コメント

タイトルとURLをコピーしました