マスクホルダーの型紙と作り方

型紙
マスクホルダーの型紙

はじめに

非常に簡単です

立体マスクを革で作るとなかなか難しい部分もありますが、マスクホルダーだとすぐにできます

この記事を作っているときはコロナ騒動の渦中で、緊急事態宣言が出た時でもあります

カットメン
カットメン

マスクを探してもどこにも売っていないのですが、マスク売り場のところにカットメンというものが売っていたので自作することにしました

革の他に必要なのがボタン4セット分とゴム紐もしくは輪ゴムとある程度の大きさの布

マスクホルダーの作り方

マスクホルダーの型紙を用意

まずはマスクホルダーの型紙をダウンロードして印刷してください

荒裁ち

荒裁ち

使用する革は端材でも十分かと思います

革の染色

染色後

革を染めるのも必要ないと思いますが、ついでなので染めました

いつもの金茶です

本裁ち

本裁ち

本裁ち後は型紙に合わせてボタンを留める位置に印をつけてあります

スナップボタンの取り付け

ボタンの取り付け

つけておいた目印に穴を開けてスナップボタンを取り付けます

ゴム紐を取り付ける場合は型紙に印がありますので穴を開けます

色止め

画像取り忘れました

革を染めた場合は色止めをします

取付て完成

カットメンに穴を開ける

カットメンの四隅にスナップボタンを通すための穴を開けます

手作りマスクの完成

ボタンを留めて完成です

簡単な分柔軟性があるようで、しばらくつけていると痛くなりますが輪ゴムでもいいですし、ゴム紐でもいいです

今回はちょうどいい大きさのカットメンが手に入ったのでカットメンで作りましたが、布でも良いですし、キッチンペーパーでも良いと思います

問題は見せかけだけで花粉も防げないかもしれませんが、マスク無しでいるよりはましかなと思います

早く収まるといいですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました