革の切り方

作品を作ってみよう 技術系 革包丁
革を切るのに使用する道具

はじめに

レザークラフトにおいて革を切るのは方法があります

簡単で便利なのはカッターですがおすすめは革包丁で切ることです

カッターの場合、太い革や硬い革を切る時は何度かなぞって切ることも多く、切っている途中で革が伸びて切り終わりが変形してしまうこともあります

とはいえ便利なのでカッターの使用率は高いです

革包丁は革を切るのに特化した刃物なので慣れておいた方が良いと思います

革包丁 を使用する場合、 革包丁 の使い方について書いたページがありますのでご覧ください

荒裁ち本裁ちという言葉があります

荒裁ち型紙 より少し大きめに、大まかに革を切ることで、 本裁ち型紙 に合わせて切ることです

1枚の大きな革で作品を作る時、そのまま本裁ちをするにも作業効率は悪いので一度 荒裁ち して各パーツ事に分けてから 本裁ち をします

また、革を染めたり トコ を磨く時にも 荒裁ちの状態で行う事をおすすめします

水に濡れて乾いたときトコ磨きをしたときは多少なり伸び縮みしますので荒裁ちの状態でおこないます

革を切る時は 銀面 を表にして切っていきます

革を切るのに使用する道具

革、型紙革包丁カッター定規カッターマット

これらの道具を使用します

革を切る時の姿勢

自分の目線から真っすぐにして切ると腕が胴体に当たってしまい、長い距離を切ることはできません

そのため、腕を斜め45°にして切るのが基本となります

つまり、腕を引きながら切るので、腕が胴体に当たらない角度で切ります

革を切る時の見え方

このように見える様な腕の角度で切ります

革を切る時の刃の角度

こちらのページでも書かれていますが、実写でも少し書いておきます

正しい刃の立て方

刃先の角度
正しい刃の立て方

刃をこの角度にすると コバ が垂直にできます

間違った刃の立て方

間違った刃の立て方

この切り方だと コバ が斜めになってしまうのでサイズが変わってしまいます

直線の切り方

直線で切る時は基本的にはを寝かせて切ります

カッターで切る場合

カッターで直線を切る

カッターで切る場合は 定規 に沿って刃を寝かせて切ります

革包丁で直線に切る場合

挑戦に切る時は刃を寝かせて切る

革包丁直線を切る時も刃をあまり立てずに切ります

刃の幅が広いと長い直線を切る時も定規を使わなくても乱れにくくなります

真っすぐ革を切る時の握り方

手首の角度はこのようになります

曲線の切り方

曲線を切る時は刃を立てて切ります

刃を寝かせた状態で切ると内輪差からうまく切れません

刃を可能な限り立てると、その分切りやすくなります

カッターで切る場合

カッターで曲線を切る

カッターで切る時は刃を立てて切ります

革包丁で切る場合

曲線を切る時は刃を立てて切る

革包丁曲線を切る時は刃を立てて切ります

曲線に切る時の握り方

手首の角度はこのように腕と親指が一直線になるようになります

押切り

革を直線で切る時に切り終わりになると革が伸びて歪んでいることがあります

そのまま切ると歪んだ状態になってしまいますので、革包丁 で切る時は 押切り して切り終わりを整えます

押切り

押切り の仕方は簡単で、 革包丁 をスライドさせて切るのではなく押さえつけることで断ち切ります

カッターの場合は 押切り はできませんので、あまり力を入れないようにするとか数回に分けるなど工夫します

コメント

タイトルとURLをコピーしました